体験記

体験記

左手の麻痺〜脳腫瘍の外科手術開始

コロナ禍の真っ只中、7年前の地雷が動く 7年前に、「疑い」まではあった脳腫瘍 別記事に書いていますが、もともと左耳の聴神経腫瘍が大きくならないようにMRIによる経過観察を6ヶ月毎に行っていました。 経過は順調、大きくもならず、痛み...
体験記

コロナ騒ぎの中、緊急入院〜左手のまひ

結局、7年だましだまし暮らしてきましたが、一昨日、仕事帰りに突然、左手がうごかなくなりました。 家内が即断で救急車を呼び、翌日入院。現在、この記事を病室で書いています。 異変があったのは3ヶ月ほど前から。 パソコン...
体験記

ガンマナイフ 術後の悲劇、余命宣告 その2

耳が聞こえないだけでなかった ガンマナイフ の術後、順調に縮小傾向にある左耳の聴神経腫瘍の経過観察のために半年ごとのMRI撮影を行ってきました。 聴神経腫瘍ガンマナイフ の術後観察で見つかった腫瘍 しかし、京都に帰ってきてから...
体験記

ガンマナイフ 術後の悲劇、余命宣告 その1

聴神経腫瘍の経過観察 名古屋転勤から京都へ帰り、ガンマナイフ の術後経過を診てもらっていた名古屋大学附属病院から京都のシミズ病院へ紹介状を書いていただきました。 洛西シミズ病院は、京都では有名な脳外科病院で、ガンマナイフ センターも...
体験記

ガンマナイフ手術から3ヶ月後

ガンマナイフの効果を確認 ガンマナイフ手術から3ヶ月を過ぎ、術後の状態を確認するためMRIの撮影をしました。 すでにこの時は、突発性難聴と診断されたクリニックから聴神経腫瘍を見つけてくださった先生の通う名古屋大学病院へかかりつけを変...
体験記

難聴の原因究明のために再度MRI検査

造影剤を使ったMRI撮影CTスキャンより精密な写真が撮影できるMRI。強力な磁気による撮影であるため、金属類は全てはずす必要があります。また、インプラントをしている方は、MRI撮影ができないこととなっています。 コンタクトもはずす必要があ...
体験記

難聴治療のはじまり

難聴治療のため毎日2時間の点滴 JR駅前の総合病院(総合クリニック)の耳鼻科にて、難聴との診断を受けたその日、さっそく点滴をすることとなりました。 難聴の治療は早期発見早期治療が鉄則のようで、1日でも早い治療開始が重要とのこと。 ...
体験記

聞こえなくなった翌日

難聴に違いないと近くの総合病院へ 左耳が聞こえなくなった次の日、仕事帰りに近くの総合病院へ行きました。 ちょうどこの頃、アーティストの浜崎あゆみさんが難聴になったニュースを聞き、安易にも自分も難聴なのだろうと...
体験記

聞こえなくなった夜

聞こえなくなった夜、耳鳴りが大きくなっていることに気づきました。 ただ、30年近く普通に聞こえていたせいでしょうか、なんとなく聞こえている時と変わらない気もしていました。 つい数ヶ月前、音楽が好きな私は、パソ...
体験記

聞こえなくなった日

突然、耳に水が入ってきたように 当時の私は30代の係長レベルの営業マンでした。 仕事は月に数回の出張を伴うもので、東海圏から九州・沖縄までを担当するチームのリーダーをしており、業績もゆっくりながらも成長し続け...
タイトルとURLをコピーしました